12/7水~11日『第六回 我谷盆賛』出展します(川口美術主催)

今年も京都炭山朝倉木工 朝倉亨、朝倉玲奈の我谷盆、参加出展させて頂きます。

第六回 我谷盆賛

2022年12月7日(水)~11日(日)

12:30~17:30 会期中無休 予約優先

(お電話かメールで何日の何時頃行きますとご連絡して頂くと混み合っていても確実です)

写真/田中幹人


『新しい発想で名菓洲濱屋を引き継ぎ、再興している若い女性がいるとは話に聞いていたが、未だ訪ねたことがなかった。そんな時、知人のお嬢さんがその人だと聞き、近くに行った折早速に寄せて頂いた。

 その店頭カウンターで、思いがけず、割木仕立て小振りの我谷盆に出会って、さすが!と感動しました。

 黒田辰秋氏が、伝統を継いだ我谷盆が続々と「生まれてくる」と書かれた1960年代から数十年を経た今、京都の名店店頭で我谷盆が「使われている」と言う時代に入ったことは、素晴らしく、凄いことだと思います。

 我谷盆賛に集われる作り手、選び手の皆様に敬意を表します。

この輪が、更に拡がり続けますよう祈ります。(川口美術DMより)』


『骨董&ギャラリー 川口美術 京都市左京区下鴨宮河町62-23 Phone: 075-781-3511

京阪電車、叡山電車、市バス、京都バスの出町柳駅から徒歩3分程です。

京阪電車の叡山電車側出口から出て河合橋を渡り、すぐ右の道(下鴨東通)を入り右側4軒目です。お支払いには各種クレジットカードをご利用頂けます。』



『我谷盆賛展』の発起人の

森口信一さんホームページ:HOME | wagatabonn (f-moriguchi2.wixsite.com)

Instagram: s.moriguchi モリグチシンイチ(@moriguta)


森口さんから教えて頂いた我谷盆。家具をつくる私たちにとっても、我谷盆に出会って木の板1枚の尊さを再発見する転機となりました。我谷盆賛。


こんなにたくさんの(昨年は作家22名)我谷盆を見られるのは毎年一回この季節だけの楽しみ。それぞれ作家で雰囲気が違うのが面白い。


会期は12/7(水)~11(日)12:30~17:30。

朝倉木工は毎週土日OPEN12:00~17:00。

川口美術さんから車で40分の京都炭山朝倉木工は、醍醐寺五重塔と平等院にそれぞれ15分の場所にあります。炭山の紹介

川口美術 から 京都炭山朝倉木工 - Google マップ




HOME > おしらせ