top of page

About types of trees

栗

■ 栗  Chestnut  ブナ科クリ属 昔から汽車の枕木や家の土台に使われてきた材。  経年変化で黄金色に変化します。朝倉木工で使う硬い広葉樹の中では軽さもある木。 静かな力強さ、秘めたる闘志、控え目、けど印象深い不思議な魅力の木。

ケヤキ

■欅 けやき   Zelkova  ニレ科ケヤキ属 同じけやきでも黄系~赤系、色の幅があり、荒木取りで色を合わせるのは大変。 ダイナミックで力強い木目に華がある材。 日本の古語「すばらしい」=「けや」が和名「けやき」の由来だそう。

チェリー

■チェリー Black Cherry ブラックチェリー バラ科サクラ属   アメリカンブラックチェリー。 数ヶ月でどんどん濃い飴色になっていきます。  最も経年変化を楽しめるのがチェリーです。

カエデ

■楓 カエデ メープルによく似ています。日本のメープルと思って下さい。 赤ちゃんの肌のようなピンク肌色をしています。

メープル

■メープル  メープルシロップの木。爽やかな雰囲気。  赤ちゃんの肌のようなピンクがかった明るい白黄色。  経年変化で黄味がかっていきます。

栃

■栃 トチ Marronnier  ムクロジ科 トチノキ属 製材すると乳白色の表面が滑らかで不規則な繊維の配列が絹布のような光沢を魅せる。 綺麗な杢目が出ることが多い。「栃杢」(とちもく) 和名「トチノキ」の語源は、トは「十」、チは「千」を表わし、果実がたくさんなることからこの名がついた。 縄文時代の遺跡からも出土している。 日本のトチノキの近似種で西洋産のセイヨウトチノキ​は、マロニエ(仏語)とよばれ、パリの街路樹が有名。 日本では栃の木のことを厳密には違うけれども大きくマロニエと呼ぶことも多く、お店に名前や歌などに登場するなじみのある木。 マロニエの並木が窓辺に見えてた コーヒーを一杯で一日~(「時には昔の話を」より)

ウォールナット

■ウォールナット Black walnut  クルミ科 クルミ属  アメリカンブラックウォールナット。チョコレート色。 日本に丸太で運ばれて製材されているウォールナットの色。木そのものの色。 世界三大銘木の一つ。(WAL、マホガニー、チーク) どんなインテリアにも馴染む、包容力のある材。

栗古色

■栗古色 栗の木の中のタンニンという成分と反応させ、長く時間の経ったような古色仕上げにしています。着色ではなく、反応させて染めているので洗っても取れません。

拭漆

■拭き漆 (写真は栗に拭漆)  拭き漆仕上げとは、木目も楽しみつつ、漆の色の雰囲気や、漆の水に強いところも得られる仕上げ。  漆は「世界最強の塗料」といわれています。 唯一の弱点は紫外線。直射日光は避けてください。

ヒノキ

■檜  (写真は天秤指風呂椅子。ガラス塗料。) ヒノキは針葉樹。広葉樹ほど細い部材には出来ないけれども、日本の風土に合って1000年以上もつ建築に使われてきた材。

About tree types

About the type of paint

Chestnut

long agoA material that has been used for train sleepers and the foundations of houses. 

It turns golden with age.

​Asakura A tree that is light among the hard hardwoods used in woodworking.

Quiet strength, hidden fighting spirit? Discreet but impressive

A tree with a mysterious charm.

■ Keyaki 

The Japanese tree. Even the same zelkova has a range of colors from yellow to red.There is

That's why it's hard to match colors with Arakidori.

The dynamic and powerful wood grain is cool.

Japanese broadleaf trees such as chestnuts and zelkova,

If you take black and white photos of cherries and walnuts,

Chestnut and zelkova have lines, lines, and patterns of wood grain,

You can see that it looks a little clearer than Cherry or Walnut.

Cherry and walnut can be used to create outlines and silhouettes of furniture,

The impression of the design comes into your eyes more straight.

When designing, we also consider the individuality of the tree species.

■ Cherry 

American black cherry.

In a few months, it will become more and more dark amber. 

Cherry is the most fun to enjoy aging.

■ Walnut 
American black walnut. chocolate color.

The color of walnut that is transported to Japan by log and sawed.It's the color of the wood itself.

"One of the world's three most precious woods." (WAL, mahogany, teak)
A modern atmosphere.

■ Maple
A maple syrup tree. Refreshing atmosphere.
A bright white-yellow with a pink tint, like a baby's skin.
"It will turn yellow over time."

In addition to the type of wood, the impression changes depending on the difference in paint.

・Unpainted

・Oil coated

Oiled after patina finish

・Painted with lacquer

■ Chestnut colorIt reacts with the tannins in the chestnut tree to create an old-fashioned finish that looks like it has been around for a long time. Rather than coloring, it is dyed by reaction, so it cannot be washed off. Basically, there is no need to worry because the oil is soaked in, but the oil soaked in can be removed by repeatedly wiping with water.If the dye becomes pale, leaving the egg whites or lemon juice on may cause a reaction that causes the dyed color to fade due to its acidity.

■Wiping lacquer

The wipe-lacquer finish is a finish that allows you to enjoy the grain of the wood while also obtaining the atmosphere of the color of the lacquer and the water resistance of the lacquer.
Lacquer is said to be "the world's strongest paint", but its only weakness is ultraviolet rays. Avoid direct sunlight.

 

(Photos to be added later)I plan to write it down)

Back to User guide

bottom of page